assitej_logo.jpg
アシテジとは?

フランス語による「国際児童青少年舞台芸術協会」(Association Internationale du Theatre pour I’Enfance et la Jeunesse)の略です。1965年7月、個人・専門劇団、演劇団体を世界的に結集し、児童青少年演劇の芸術を向上することで、世界の児童青少年の豊かな成長に寄与する事を目的に、パリで設立されました。

現在、71カ国にあるアシテジセンターのほか、プロフェッショナルネットワークや個人会員が100カ国以上から加盟しています。アシテジ日本センターは1979年に36番目の加盟国として参加しました。

第20回アシテジ世界大会とは?

アシテジでは、3年ごとに、過去3年間を総括し、次の3年間の方向性を組織全体で話し合う

“世界大会(World Congress)”という会議を開催します。

また、世界大会に合わせて国際フェスティバルが開催され、世界中から選び抜かれた舞台作品が上演されます。今回は「2020国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル」として開催されます。

大会概要

​2021年3月を予定

(​コロナウイルスの影響で2020年5月開催を2021年3月に延期)

開催趣旨

アシテジ世界大会は、世界100か国以上から、子どもの豊かな成長を願う文化芸術の専門家が集い、世界の知見を交流し、子どものための文化芸術の発展を目指します。日本の子どもたちは、当大会・フェスティバルに参加することで、世界の文化芸術に触れ、体験し、触発され、豊かな心と想像力、創造性を養い、地域に新たな芽を生み出し活力をもたらします。

第20回アシテジ世界大会」のテーマは、

Towards the Unknown – Beginning the Journey (未知なるものへ-旅の始まり)

であり、前回2017年南アフリカ大会からの3年間を総括し、未来へ向かう重要な大会となります。

 

また、大会を日本に誘致するにあたり、同時開催する

2020国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル」のテーマとして、

子ども、文化。それが私たちの未来。All our Future:Children and Culture

を掲げました。子どもたちが多様な文化に触れ、表現と感性を育むことで、想像力と創造性を持った、自分の地域や人を愛することの出来る、社会の主体者となることを願っています。

 

私たちは東京大会を契機に、すべての子どもたちが最低年1回以上芸術・文化を鑑賞・体験出来る環境をつくることなど、子どもや若者の文化的な生活や芸術への参加機会に格差がなく、差別や排除のない、「誰一人取り残さない」(SDGsより)社会を実現することを目指します。そのことにより、文化の継承、創造、発展の土壌を耕し、世代を越えて人々が多様な文化を創造・享受することが出来る文化豊かな地域、社会を創出します。

東京では、豊島区と足立区を中心に行い、全国各地でも公立文化施設を始め、様々な関係団体等が連携し、未来フェスティバル参加企画を多数開催します。東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催と共に、文化プログラムとして日本を盛り上げ、アシテジ世界大会のレガシーの創出に繋げます。

組織体制

<開催体制>

主催:第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会

協賛:豊島区

特別協力:足立区

協力:公益財団法人東京都歴史文化財団東京芸術劇場

メディアパートナー:朝日新聞社

後援:文部科学省/外務省/厚生労働省/東京都教育委員会

助成:

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 2019年度

Tokyo Tokyo FESTIVAL助成 フラッグプロジェクト支援
公益財団法人セゾン文化財団 創造環境イノベーション「スタートアップ」助成事業

<実行委員会構成団体>

※設立時実行委員会

(一社)アシテジ日本センター/(一社)TYAJapan/(公社)日本児童青少年演劇協会/日本児童・青少年演劇劇団協同組合/(NPO)日本青少年音楽芸能協会/(一社)全国専門人形劇団協議会/全国児童・青少年演劇協議会/(NPO)子どもと文化全国フォーラム

※発足以降、参加の実行委員会

子どもと舞台芸術大博覧会実行委委員会/(公社)日本芸能実演家団体協議会/(公社)日本劇団協議会/(公社)落語芸術協会/(一社)現代舞踊協会/(公社)日本オーケストラ連盟/(公社)能楽協会/(公社)日本舞踊協会/(公社)日本三曲協会/(一社)長唄協会/(一社)日本演劇教育連盟/(NPO)国際人形劇連盟日本センター(2020年1月16日現在)

 

<協力者会議>

・イヴェット・ハーディ

 (アシテジ<国際児童青少年舞台芸術協会>世界理事会長)

・森田勝也(「第20回アシテジ世界大会」代表)

・野村 萬(公社・日本芸能実演家団体協議会会長)

・斉藤友佳理(東京バレエ団芸術監督)

・尾崎元規(公財・新国立劇場運営財団理事長)

・日枝 久(公社・全国公立文化施設協会会長)

・高野之夫(豊島区長)

・河村建夫(文化芸術振興議員連盟会長)

・伊藤信太郎(文化芸術振興議員連盟事務局長)

・浮島智子(文化芸術振興議員連盟事務局次長)

<実行委員会>
代表 森田勝也
副代表 石坂慎二
芸術監督・総合プロデューサー 下山久
事務局長 森本真也子
事務局次長 太田昭
他 102名

第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会

171-0014 東京都豊島区池袋2-13-4 天翔オフィス208号室

Copyright (c) 2020, 第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会