2020国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル

(第20回アシテジ世界大会)事務局

171-0014 東京都豊島区池袋2-13-4 天翔オフィス208号室

Copyright (c) 2019,  子どもと舞台芸術大博覧会2019. All right reserved.

未来フェスとは

ASSITEJ世界大会の招聘をきっかけに

2020年に東京で新しく生まれる児童青少年のための国際舞台芸術フェスティバルです

ビジョン

子どもや若者の文化的な生活や芸術への参加機会に格差がなく、

差別や排除のない、「誰一人取り残さない」(SDGsより)社会を実現する。

概要

多数の来場者、参加者を見込む一大フェス

・東京開催

2020年5月14日(木)〜5月24日(日)

国立劇場(開会式)、新国立劇場(閉会式)、東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアタートラム等

​来場者見込み:40,000人以上

・全国開催

2020年4月25日(土)〜7月19日(日)

全国各地で開催。随時情報更新予定。

​来場者見込み:1,000人〜2,000人/各地域

【プログラム】

子どもたちが文化や芸術に触れ、感性を磨くことが出来るプログラム多数。

◆作品上演:世界中から集まった優れたアーティストによる130もの舞台公演

 (演劇/音楽/人形劇/伝統芸能/大道芸/ダンスなど)や、街中様々なオープンスペースで行われるストリートパフォーマンス等

◆ワークショップ ◆シンポジウム ◆異文化交流カンファレンス ◆スペシャルイベント

 

参加者数:国外 4,000人程度 国内2,000人程度

※アーティスト、パフォーマー、プロデューサー、コーディネーター、プレゼンター等

第20回アシテジ世界大会とは?

アシテジでは、3年ごとに、過去3年間を総括し、次の3年間の方向性を組織全体で話し合う

​“世界大会(World Congress)”という会議を開催します。
また、世界大会に合わせて国際フェスティバル(今大会では、「未来フェス」)が開催され、

世界中から選び抜かれた舞台作品が上演されます。
この世界大会は、アシテジにとって、また児童・青少年のための舞台芸術の関係者にとって、

もっとも重要なイベントであり、世界大会が行われない2年間は、芸術交流を主な目的とする​

“アーティスティッグギャザリング”が開催されます。

◆ 約70カ国から約2,000名の関係者が参加。

◆ フェスティバルには32ヶ国から63作品が参加。

◆ この南アフリカの世界大会で、2020年に開催される次の世界大会が日本・東京で行われることが決定されました。

assitej_logo.jpg
アシテジとは?

国際児童青少年舞台芸術協会

(International Association of Theatre for Children and Young People)は、1965年にパリで設立された、児童青少年演劇のための国際組織です。

各国のアシテジセンターのほか、プロフェッショナルネットワークや個人会員が加盟し、アシテジ日本センターは1979年に36番目の加盟国として参加しました。

アシテジは、世界中で児童青少年のための舞台芸術に関わる個人や団体を結集し、知識や実践の共有、発展に貢献することで世界の児童青少年演劇の質を高め、さらに国籍や文化、民族、宗教にかかわらず、世界のすべての子どもたちの代弁者となることに尽力しています。

​サポーターについて

子どもや若者が芸術文化に触れられる「未来フェス2020」。

その取り組みに対し、今回応援メッセージが届きました!

教育評論家・法政大学名誉教授

尾木直樹(尾木ママ)

理系と芸術を融合させた最先端の教育手法「STEAM教育」が注目を集めています。AIやグローバル化が進展する世界で、複雑な諸課題を解決するには、芸術の持つ創造力や表現力が科学・技術・工学・数学と共に求められているのです。

近年、日本の学校は「学力向上」が至上命題となっており、演劇鑑賞教室等の文化行事が削減傾向にあります。演劇や芸術は子どもたちの豊かな感性や探求心を育てるだけでなく、HQ(人間性知能)や非認知能力をも育みます。

今回、記念すべき20回大会が初めて日本で開催されると聞き、ワクワクしています。今大会が子どもたちや教育界に大きな刺激を与え、日本の未来に希望の光を灯すに違いありません。心より期待しています。

大会ロゴについて

ロゴのコンセプトについて

子ども達の創造力が未来に羽ばたいていくと言うイメージから鳥をモチーフにしてつくりました!

鳥の色はうれしい、悲しい、楽しい、愛、喜び表現しています!

文字の色は空と太陽を表現しています。

制作者 プロフィール

こんにちは!「よしと」です!好きな食べ物は唐揚げ白飯。特技は物忘れと感謝。ボコボコだけどそんなありのままの自分をたくさんの人達に助けて頂きながら、ひたすら「楽しい!!」をテーマに様々な形で作品を創り表現をしています。これまでに10冊の絵本を出版。

Benesse( こどもちゃれんじ) ほっぷやIKEA港北店などにも紙芝居制作提供。2018年はTEDxShimaneUにスピーカー&パフォーマーで出演させて頂きました。北は北海道から南は屋久島、西はカンボジアまでいろいろな所で紙芝居をしています!

島根県松江市在住。3人の子どものお父ちゃん。

主催
assitej_logo.png