江戸糸あやつり人形の世界 /The World of Edo Marionnets

日本 / Japan

江戸糸あやつり人形/The Edo Marionette Group

日本の糸あやつり人形は、中国伝来のそれを380年ほどの時を掛けて改良し、日本独自の構造と、繊細で豊かな表現力を持つようになりました。その魅力を余すところなくご覧頂くため、4つの踊りと合間に人形の解説、そして小さなお芝居を用意しました。「かっぽれ」と「酔いどれ」は男の人形、「黒髪」は女の人形、「獅子舞」は動物の人形。最後の「ショ・ジョ・ジ」は80年ほど前に寄席に掛けられていた面白可笑しいお芝居です。 / Since introduced from China, over the course of about 380 years, Japanese marionettes underwent a series of improvements. The structure unique to Japan allows the marionette to convey delicate and rich expressions. To make sure you see all the charm, we prepared four dances with commentary in between, and one small play. Male dolls are used for Kappore and Drunkenness, female dolls for "The black hair," and animal dolls are used for Lion Dance. The last Sho Jo Ji is a comical play with a history of about 80 years.

日時 / Date & time
5/18 13:00~,5/18 17:00~,5/19 11:00~
会場 / Venue
コフレリオ新宿シアター / Cofrelio Shinjuku Theater
Web
Movie
備考
公演言語 / Language 日本語 / Japanese

​対象年齢 / Age
6+
言語 / Language
招待作品

第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会

171-0014 東京都豊島区池袋2-13-4 天翔オフィス208号室

Copyright (c) 2020, 第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会