第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会

171-0014 東京都豊島区池袋2-13-4 天翔オフィス208号室

Copyright (c) 2020, 第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会

\第20回アシテジ世界大会/2020国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル 関連企画/

1000のプラットフォーム

プラットフォームとは

さまざまな列車や人が訪れては去っていく鉄道のプラットフォームをイメージしてください。私たちにとってのプラットフォームは、対象地域の「子どもの文化」について、現状を語り合い、どうしたらいいか、何ができたらいいかを考え、計画し、行動するグループだと考えています。メンバーは流動的でかまいませんし、期間限定のグループでもかまいません。1日だけのイベントのために集まった仲間でもOKです。「子どもの文化」について子どもを中心にさまざまな立場の人が関わり、ワイワイガヤガヤにぎやかに語り合うところです。

目標は、子どもの笑顔あふれる地域にすること

あなたの街の子どもたちは、どのように過ごしていますか?

文化や芸術に親しむ機会を持ち、自由な時間を過ごしているといえるでしょうか?学校や家以外に、子どもたちがあつまり、あそべる場所があるか、ご存じですか?

子どもの現状をまずは知ること。そして、語り合うためのプラットフォームを構築することが目標への第1歩です。プラットフォームを拠点におこなう小さなアクションの積み重ねが、子どもを取り巻く環境をゆたかにします。

まずは1000の力を集めたい

全国さまざまな地域でアクションが起こり続けると、

それは大きなムーブメントになります。子どもの文化環境がゆたかになることは、大人もふくめた地域の環境がゆたかになることです。地域の変化は、街から市へ、市から県へ、そして国へと波及していくでしょう。

文化や芸術は上から与えられるものではなく、私たちの暮らしの中から生まれてくるものです。

1000のプラットフォームから上げられる声をもとに、子どもたちの未来のために「子ども文化基本法」を策定し、政策提言することも検討しています。ぜひ「1000のプラットフォーム」に参加し、みなさんの声を聞かせてください。

登録された方には「認定証(ステッカー)」をお渡しします。

事務所の入り口や人目につく場所に貼り、

「子ども の文化を考えよう!」という意思表明にご利用いただけます。

 

登録するグループの活動内容は、 「子どもの文化」に関するものであれば、

どのようなものでもかま いません。

あそび場づくり、読み聞かせ、学習会、ワークショップなどすべて自由です。

また、2020年5月22日東京会場にて

「​あつまれ!子どもの文化を考える1000のプラットフォーム」開催します

​詳細は後日公開

参加者の皆様

こども応援団マイカ

代表 浜薗浩美

埼玉県草加市

構成人数

4

子ども、子育て家庭支援。子どもを中心とした子ども食堂を開催し垣根のない「地域の居場所」を作っています。

木楽舎つみ木研究所

代表 荻野雅之

山梨県中央市

構成人数

20

楽つみ木の遊び合い(教育的メソッド) 楽つみ木遊び合いは、一人遊びから共同遊び、作品作りへと緩やかに発展して行く、自主性を重んじます。共に子ども同志の人間関係も緩やかに絆を強くします。優れた遊び合う環境からこども達が生きる上で身につけるべき(知・情・体)を緩やかに育むエピソードをお伝えします。 木楽舎つみ木研究所は1996年に、台形、四角形、長方形の3つの種類、(3㎝基尺)のオリジナル『楽つみ木®』を独自に荻野雅之が考案。当初は間伐材の有効活用として製作、楽つみ木は地球温暖化の防止に繋がるCo2の固定化・炭素の貯金箱、森林再生にも二次的効果する。しかし楽つみ木ワークショップを積み重ねる中で、もっと大切な使命に気付きました。それは良質な遊び合いからこそ「未来に生きる力を自ら獲得する」ということ。たくさんのつみ木(1万から最大3万個)と大勢の仲間たちと「とことん遊び合う」このワーク・体験を通して子供たちが「新しい人格を獲得」、今までにない大事な事を気づく。楽つみ木ワークショップのキーワード:美の感動・多様性・意欲・崩れ・失敗・丁寧・辛抱・友と創る・ライフライン・絆づくり、コミ二ューケション。楽つみ木ワークで優れた「表現者、芸術家,建築家」の未来の道が開かれます。木楽舎つみ木研究所

特定非営利活動法人 かごしま子ども芸術センター 霧島支部

代表理事 力石 久美

鹿児島県霧島市

構成人数

10

地域の子どもたちに 文化芸術を体験出来る機会をつくるように学校などに働きかける  また、障害を持った子どもたちと地域の人たちといろいろなもの作り体験や舞台鑑賞の機会をつくる活動をしている

特定非営利活動法人みやぎ県子ども・おやこ劇場

代表理事 中村匠子

宮城県仙台市青葉区

構成人数

100

子どもが文化芸術体験を通して、心豊かに育つ文化環境をつくりたいと活動しています。

大口子ども劇場

代表 森田奈美

鹿児島県伊佐市

構成人数

117

会費を積み立ててプロの舞台作品を親子で鑑賞したり、季節ごとの遊び会を企画して、地域の子どもたちと楽しんでいます。年1回は、誰でもチケットを買って観られる人形劇などの公演を行っています。

NPO法人 船橋子ども劇場

代表 大塚 幸恵

千葉県船橋市

構成人数

150

地域の子どもと大人を対象として優れた舞台芸術な鑑賞と子どもたちが自らつくる体験活動の場を提供し、子どもの心の成長を応援します

特定非営利活動法人はちのへ未来ネット

代表理事 平間 恵美

青森県八戸市

構成人数

25

こどもと親子が、幸せに暮らせる地域作りと、子どもの文化推進

発達凸凹親の会

代表 徳永由美子

千葉県佐倉市

構成人数

16

発達障害の子を持つ親同士で定期的に集まりを設けています。

子どもるーぷ袖ケ浦の絵本箱「わっくぶっく」

代表 田中直子

千葉県袖ケ浦市

構成人数

20

親子でゆっくり過ごせるおやこ文庫。木と布のおもちゃもいっぱい!おはなし会やおもちゃの広場、ミニ人形劇などのお楽しみイベントもあります。

伊佐ちいき芸術祭典実行委員会

祭典部長 向原正子

鹿児島県伊佐市

構成人数

13

伊佐市の小学校区を毎年4校区ずつ廻って、その小学校体育館を借りて地域に舞台公演を届けている。小学生を中心に乳幼児からご高齢の方まで一緒に公演を楽しんでもらう活動

大阪文化団体連合会

運営委員長 高田 昌

大阪市中央区

構成人数

252

大文連は、活動の主な拠点を大阪府内に置く芸術・文化団体が協力して、大阪の文化振興と相互交流を図るため、全国に先駆けて1978年6月に結成されました。私たちはいつも「子どもたちが文化的なことにシャワーを浴びるように受けられる」ことを願っています。

あべのおやこ劇場

代表 加藤節子

大阪市阿倍野区

構成人数

36

親子でいっしょに、いろんなジャンルの舞台芸術作品をみています。          

NPO法人 流山おやこ劇場

代表 小澤孝江

千葉県流山市

構成人数

121

「子どもたちに夢を!たくましく豊かな創造性を!」 を合言葉に、 1986年に発足し、 子どもたちにとって、より良い文化環境作りのための 活動をしている会です。

かんげき指宿

代表 祝迫久美子

鹿児島県

構成人数

4

地域で子どものためのお芝居をみる

一般社団法人 国際児童青少年舞台芸術協会(アシテジ)日本センター

代表 森田勝也

東京都

構成人数

52

児童青少年演劇の芸術水準の向上のために、個人・専門劇団・演劇団体を結集することにより、児童青少年の豊かな成長を目指す。

地域未来ネット・せんだい

代表 加治木 朋子

鹿児島薩摩川内市

構成人数

5

演劇や演劇的手法を用いて、地域の多世代間コミュニケーションのお手伝いをしている団体です。

ぴっぴ

代表 津村千鶴子

千葉県袖ケ浦市

構成人数

10

就園前の子どもとお母さんの居場所づくり

きりしま国分子ども劇場

代表 西加八重

鹿児島県霧島市

構成人数

40

舞台鑑賞や、キャンプ、あそび会、子どもフェスなど、親子で楽しく活動しています。

赤堀青少推おやじの会

赤堀地区青少年育成推進員会長 齋藤修一

群馬県伊勢崎市

構成人数

26

鮭の里親事業として、12月のあたまに鮭の有精卵を里親希望の児童達に配布。約3ヶ月ぐらい自宅で育ててもらい、翌年の2月の末に近くの川で一斉に放流します。

よどがわおやこ劇場

運営委員長 三木直子

大阪市淀川区

構成人数

97

おとな、こどもが共に楽しみながら心を豊かに育み合いたいと、生の舞台を観ること(疑似体験)と創造的な遊び(直接体験)を中心に活動しています。

にしよどおやこ劇場

運営委員長 岩本一美

大阪市西淀川区

構成人数

50

文化で子育て

アートでつなぐプロジェクトin北斗

プロジェクト代表 漆畑栄子

東京都世田谷区

構成人数

21

会のミッションを「子どもとアートのふれあいを地域で応援する集い」とし、地域の幼い子どもからお年寄りまでが一堂に会し、年に1回下北沢小学校体育館で舞台鑑賞と鑑賞にちなんだ遊びやまつりを開催。18才までは無料。大人一人のチケット代で子ども一人を無料招待できるシステムにしている。昨年で10周年を迎えた。プロジェクトメンバーも毎年一人ずつくらい増えてきている。準備の集まりやまとめ会も楽しい。

特定非営利活動法人子どもネット八千代

理事長 越後久美子

千葉県八千代市

構成人数

260

舞台芸術体験、自然体験、子育て支援、地域づくりなどを通し、て子どもが人とかかわりあいながら

心豊かに育つ地域社会を子どもとともに作ります。

特定非営利活動法人かごしま子ども芸術センター

代表 力石久美

鹿児島県鹿児島市

構成人数

32

鹿児島県内の子どもたちへの舞台芸術体験の機会提供

かごしま子ども芸術センター鹿屋支部

代表 鶴園容子

鹿児島県鹿屋市

構成人数

5

鹿児島県鹿屋市と周辺の町の子どもたちに生の舞台芸術を届ける活動、芸術体験の機会をつくる活動、子どもに関わる大人のための研修事業。

東淀川おやこ劇場

代表 横田 里栄

大阪市東淀川区

構成人数

72

こどもたちのやりたいおもいをカタチに

うきわ塾

代表 柳 弘紀

新潟県新潟市西区

構成人数

7

中学生・高校生世代のための「学び」の場です。来て好きに勉強したら良い。文系と理系の先生がおります。「お勉強」の大波が襲ってきたときに、抜き手を切って鮮やかに泳ぐのもよし、かっこよくサーフィンするもよし、ただ溺れている人がいたら「うきわ」をなげるのにはやぶさかではないのです。溺れ死なないように。