第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会

171-0014 東京都豊島区池袋2-13-4 天翔オフィス208号室

Copyright (c) 2020, 第20回アシテジ世界大会・東京実行委員会

ASSITEJ World Day Message from Yvette Hardie


World Day for Theatre for Children and Young People 2020 Take a child to the theatre today


What does it mean for a child to enter into a creative encounter, to be invited in to a new arts experience? Why is this so important for every child?


I had the privilege recently of hearing Yo-Yo Ma, the great cellist, speak and play and he referred to what he calls Cultural hospitality. He sees this as the capacity (and indeed the obligation) of the arts to welcome what is new, innovative and out the box, what is marginalised, unheard, and ignored... In his view, it is our task as artists to be hospitable to these voices, forms and techniques, and in the process to allow ourselves to be changed.


It reminded me of what it means to be a host and what it means to be a guest. And one of the most important elements on both sides is the quality of listening, of willingness to step outside of what is known and comfortable, and to embrace and celebrate difference.


The great host is the one who makes everyone feel at home, regardless of where they come from or what their experiences might be. It is the one who puts their ego aside out of genuine interest in this person who has come to visit. It is the one wants to give everyone the best possible experience. The great guest is the one who comes with boundless curiosity to the encounter, wanting to learn about the other, not afraid to try something new.


In this space of mutual receptivity, we find connection, we find surprise and we find deep learning. We leave these encounters changed. We have touched what makes us human, in ourselves and others...


This is the precious moment the arts gives us. As theatre artists we need to find ways to invite children and young people into these encounters with a generous spirit, desiring to listen to the audience as much as we want them to listen to us.


And when this happens, then we feel the connection start to grow... we find common ground, we see the big picture, we have flashes of insight and we feel that flush of shared feeling we call empathy. We have a sense that we matter, that others matter, that what we are exploring together, matters.


In this age where more and more people are being shunned, turned away at borders and airports, rejected because they come from a different class, ethnicity, language group or religion, it is the artist who can provide a sense of belonging, of connection.


And every child needs that.


子どもにとって創造的な出会いに遭遇するということ、そして新しい芸術的体験をするということはどういう意味を持つのでしょうか?またどうしてすべての子どもにとってこうした体験が大切なのでしょうか?

先日、偉大なるチェリスト、ヨーヨーマの講演と演奏を聴くという機会に恵 まれました。その際、彼は「文化的ホスピタリティー」という言葉を口にし ました。芸術には新しい、創造力に富んだ、箱の中から飛び出してくるよう なもの、そして主流からは外れてしまっているかもしれない、誰からも聞か れない、無視されてしまうようなものを招き入れる受容能力がある(むしろ それこそが芸術の責務である)と言うのです。また彼は彼自身の見解として、 芸術家としての我々の任務は、こうした様々な声や、形式や形態、テクニッ クなどすべてを、そして我々自身が様々な過程を経る中で変わりうるという 事実を、寛容に受け入れることだとも。


彼の話を聞いて思ったのは、ホスト(招く側)とは何か、そしてゲスト(招かれる側)とは何かと言うことでした。そして両方の側にとって最も大切なことは、「聞くこと」であり、既に知っていることや自分が心地よいと思える環境から一歩外に出ようとするその意思であり、違いを受け入れ、祝福することなのだと。


素晴らしいホストとは、どこから来て、どんな経験をしてきたか関係なく、誰しもがアットホームに寛げる場所を提供する人です。訪ねてきた人への純粋な関心をもって、エゴを脇に置く人です。すべての人に可能な限りベストの体験を与えたいと思う人です。そして素晴らしいゲストとは、他者から学びたいと思い、新しい何かに恐れることなく、新たな出会いに対し果てしない好奇心を抱いて来る人です。

こうした相互関係に於いて受容性のある環境では、我々は繋がりを見出し、驚きを見出し、そして深い学びを見出します。我々はこういった出会いを通して変化を築きます。我々は、自分自身の中、そして他者の中に於いて、我々が人間である所以に触れることができるのです。

今こそ芸術が私たちに与える貴重な瞬間です。我々は演劇を実践する芸術家として、子どもそして若者をこうした出会いに招き入れる方法を見つけなければなりません。寛大な精神をもって、我々が観客に耳を傾けて欲しいと思う同様に、観客に耳を傾けたいという思いと共に。

そして、それが実現した時には、我々はお互いどうしのつながりが成長し始めるのを感じることでしょう。共通基盤を見つけ、大きな絵を共有し、洞察の瞬きを得て、「共感」という名の感情の芽生えを感じることでしょう。

今の時代、多くの人々がお互いを避け、国境や空港でお互いから目を逸らし、 違う階級、民族、言語、宗教を理由にお互いを拒否しています。そんな時代 だからこそ、本来の一体感やつながりといった感覚を提供できるのが、芸術 家の役割なのではないでしょうか。


それこそがまさに、すべての子どもが必要としていることです。 (翻訳:大谷賢治郎)

42回の閲覧